bass-inu's blog

非IT企業Web担当者の孤独な雑記

Google Analytics携帯電話向けコード(PHP)をXHTMLに埋め込むメモ

アクセス解析Google Analyticsが携帯に対応したので、さっそく全サイトにコードを埋め込んだ。

その中で、XHTMLで構築しているページに使用するときにつまづいたのでメモ。


■携帯サイトの環境

  • 3キャリア対応のXHTMLページ
  • 拡張子は.html (.htaccecss使用)

■サーバーの環境

  • php.iniを編集することができる

■やりたいこと


まずは、php.iniの設定をする。

私の場合は既存のphp.iniをコピーし、以下の2箇所を修正。
モバイルサイトのディレクトリに修正したphp.iniを適用するよう設定した。

short_open_tag = Off

default_mimetype = "application/xhtml+xml"

short_open_tag をOffにすることでPHPの省略形を使えなくする。
XHTML内で記述しているxml宣言

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

がphpタグとみなされないようにするため。


次は.htaccessの編集。

.htmlでphpを動かせるように設定する。

AddType x-httpd-php .html

以下は削除する。

AddType application/xhtml+xml .html


これでほぼ完了。
次はGoogle Analyticsからアクセス解析のトラッキングコードを取得する。
説明に従って、ga.phpをダウンロードしてサーバーにアップ。


あとは各ページにトラッキングコードを貼付けるだけ。

ですが、先程php.iniをいじったので、トラッキングコードを少し修正する必要がある。

修正するのはタグの直前に貼り付ける以下のコード

<?php
  $googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src="<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>" />

これを、

<?php
  $googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src="<?php echo $googleAnalyticsImageUrl ?>" />

に。

以上で完了!


動かない場合、トラッキングコードの以下の部分

  $GA_PIXEL = "ga.php";

「ga.php」の場所がちゃんと指定されているかチェック。

「mobile」ディレクトリに置いたならこうしとくとラク。

  $GA_PIXEL = "/mobile/ga.php";


携帯用ページのアクセス解析は初めて導入したのですが、思っていた以上に携帯からのアクセスがあったことがわかってビックリでした。